デパス情報局

抗うつ剤ジェイゾロフトとゾロフトの効果

ジェイゾロフトとゾロフトは同一の抗うつ剤です。一般名はセルトラリンで1991年にアメリカの大手製薬メーカーであるファイザーより発売されました。海外ではゾロフトという商品名で発売されています。日本では2006年に認可をされて発売を開始しました。

ジェイゾロフト

SSRIとは、(選択的セロトニン再取込阻害薬)を意味するもので、セロトニンを放つ脳内にあるシナプス(神経細胞間の接合部)のセロトニントランスポーター(セロトニン伝達遺伝子)が選択的に働きかけて、セロトニンの再取り込みを阻害するものです。この結果、セロトニン濃度が高い状態で維持されます。
ジェイゾロフトは日本での薬品名であり、海外での薬品名はゾロフトになります。特に成分や効果に変わりはなく、脳内にある神経伝達物質のセロトニンを増やす働きがあり、うつ病やパニック障害を改善する薬として優れた効果を発揮します。
副作用や薬の服用を止めた際に起こる離脱症状を起こす事が少なく、安全性の高い抗うつ剤として高い評価を受けています。
通常の抗うつ剤は、睡眠作用を生み出しやすいため仕事や外出する際には向かないなどの注意点がありましたが、ジェイゾロフトとは強い眠気を起こす可能性が低いため生活する上での支障も少ないです。

うつ病やパニック障害の起こる主な原因として、セロトニンの量が不足したり過剰になる事が挙げられます。ジェイゾロフトの働きには、脳内にあるシナプス(神経細胞間の接合部)でセロトニンを再吸収して濃度を高くしてセロトニンを適正量にする働きがあります。また、他にもσ-1受容体への作用と物事への興味や楽しさを生む成分であるドーパミンを増やす働きがあります。
脳の神経伝達が良くなり脳内環境を整える事でうつ病やパニック障害を改善します。 不安や気分の落ち込みと関連するセロトニンの物質量を増やす事により、精神面の落ち着きを保つ効果があります。

額に手を当てる女性

SSRIが効果を発揮するまでには約2週間ほどがかかります。その間は眠気や吐き気などが現れ、それに伴って服用を中断してしまう人もいます。しかし継続して飲まなければならず、それにより徐々に症状が落ち着いてくるのです。ただし、どうしても体に合わないようであれば他の薬に変更をする必要があります。

作用時間が非常に長く1日一回の服用で効果が期待出来ます。そのため離脱症状が発症する事も少ないです。効き目については他のSSRIよりかは弱めの効果です。効果がきつくなく、副作用も少ないため処方しやすい薬とされ医師からの信頼も高く世界的には最も処方量が多い薬です。

諸注意としてはジェイゾロフト・ゾロフトを服用した場合、他害行為を起こしてしまうという因果関係が否定できなくなったため、2009年5月に厚生労働省より添付文書の改定を指示されました。これはパキシルにも適応されています。

ジェイゾロフトとゾロフトは、同一の抗うつ剤です。特徴は、効果はやや弱めでも、安全性の高い抗うつ剤です。特に病院では医師から処方されることも多いほど安全性が高く信頼をおかれています。副作用も少ないため、病院からの処方される頻度が高い使いやすい薬です。抗うつ剤としての「強さ」を見ると、薬の効き目はやや弱めといっても穏やかに効くので、時間をかけて安心して治療に取り組む方に適切な抗うつ剤です。アメリカではゾロフトと言われ、日本ではジェイゾロフトと呼ばれており効果は同じです。

ジェイゾロフトとゾロフトの副作用は、他のSSRIの薬や分類の異なる抗うつ剤と比べて起こる恐れは少ないです。飲み始めに吐き気や胃のむかつきの症状が起こりやすいですが、一時的な症状です。身体が1週間~2週間ほどで徐々にジェイゾロフトとゾロフトに慣れてくるので自然におさまります。ただし、服用した際下痢や軟便に陥りやすく、性的な機能障害(勃起障害、射精障害)、性欲の減退が他のSSRIの薬よりも起こる恐れが高い報告があるので注意が必要です。

ある研究所の報告からジェイゾロフトとゾロフトは、男性より女性により効果的とされています。女性がよく服用する抗うつ剤とも言われています。2014年の12月から舌の上にのせれば、唾液だけで溶けるため体内での吸収が早くなるOD錠も登場しており、服用する際、水がなくても服用できます。

ジェイゾロフトとゾロフトは他のSSRIと比較すると効き目はやや弱めです。重いうつ病の場合、強さに物足りなさを感じるかもしれないです。SSRIの薬の強さをあげれば、パキシル(パロキセチン)やレクサプロ(エスシタロプラム)がジェイゾロフトとゾロフトより強い効き目があります。強く効き目を実感したい方には向く薬ですが、あまり強く効き目よりは、安全で少しずつ気持ち的に上がっていけば良いと感じる方に向く使いやすい抗うつ剤です。