デパス情報局

デパス(エチラーム)の副作用と注意点

デパス(ジェネリックのエチラーム)は非常に優れている薬で、抗不安薬だけではなく、抑うつ状態の改善や筋弛緩作用、催眠作用により不眠症にも有効です。用途が幅広いので精神科の他にも外科や内科もそうですし整形外科などでも処方が可能な医薬品です。良い面ばかりが目立つ一方、比較的少ないとは言われていますが副作用もあります。

依存症の男性

副作用として一番最初に思い浮かべることは、その依存症です。薬の継続的な服用で、効きに慣れたり耐性が出来る場合があります。すると効果を感じにくくなり服用する量が増えてきたり、間隔が短くなってしまいます。その場合医師へ相談をし、服用を減らすよう指示をされるのですが、その際に抵抗を感じてしまったらデパスに依存をしているかもしれません。

頭を押さえる女性

また他の副作用として、筋弛緩作用によって肩こりや背中の張りなどが緩和する一方、体に力が入らなくなりふらついてしまうことがあります。服用してしまう場を間違えると危険です。

眠そうな男性

催眠作用もありますので、意図せぬところで眠くなってしまう可能性があります。通常、食後に服用が望ましいのですが、緊張や不安を緩和させたい場合即効性があるので、その場で飲んでしまう可能性があります。そういう時に起こりやすい副作用です。眠気によって重大な事故を起こしかねませんので、車の運転は避けるようにして下さい。

頭を指でおさえる女性

また、デパスを服用すると記憶がなくなりやすくなるようです。例えば服用を昼の時間に行った場合、その間にあった事が頭に入らなくなる可能性があります。これは一時的なものであり、心配は必要はありません。

やはり一番怖いことは依存症です。精神的な思い込みからくるものです。薬の効果が切れることにより不安が出てくるものですが、これを無くすためには使用頻度を少なくしなければなりません。医師のもと、適切な指導を仰いで正しく使いましょう。