デパス情報局

デパスを買うなら個人輸入

デパスは個人輸入でも購入することが可能です。個人輸入とは購入者が使用する場合に限り、海外より目的の商品を取り寄せることが可能な方法です。

頭を押さえる女性

デパスは様々な症状に使用が出来るのですが、その一方で依存性の危険性も指摘されています。向精神薬の1つではあるのですが、法律で定められている「麻薬及び向精神薬法」に指定されていないため、使用が可能となります。これに指定されている向精神薬はハルシオン、レンドルミン、ドラールなどになります。

ノートパソコンと女性

通常入手をする場合には心療内科や精神科で処方をしてもらう必要があります。そのため、医療機関へ行き処方箋をもらう必要があります。しかし病院へ行く煩わしさ、時間などが発生しますします。また、診療費などもかかるため、トータル的に考えると出費としてはかさばるものになります。そういった事を軽減するため、個人輸入で薬を取り寄せる方法があります。

個人輸入のメリットとしては、処方箋がなくても薬を入手することが出来ることです。その為、ネット環境さえあれば家にいながら入手をすることが出来ます。また、ジェネリックに関しても国内の製薬メーカーで作られたものは処方箋が必要です。これらは先発薬(デパスの事です)よりも安く入手が出来ますが、先述の通りコストとしては高くなってしまう場合があります。

その点、個人輸入で手に入れる場合は商品代金以外には送料しかかからず(場合により送料無料のところもあります)医療機関へ行くよりコストパフォーマンスが良いことが多いです。デパスのジェネリックであるエチラームも安く入手することが可能です。また医療機関の場合、通常処方される量が2週間分のところが多くなっていますが、一ヶ月分、二ヶ月分の処方量を購入出来ます。

指をさす女性

しかし、現地の言葉をある程度理解できることや税関とのやり取りも発生することがありますのでしばらくは苦労をするかもしれません。そこでそういう手続きを一手に引き受けている個人輸入代行業社が扱っている通販サイトを利用する手があります。今ではそちらの方が主流であり、通常利用しているような通販サイトみたいに日本語対応でありクレジット決済も出来ます。扱っている医薬品も多く、もちろんデパスやエチラームも取り扱っています。

また、個人輸入あるいは通販サイトを利用する場合、商品到着まで時間はかかるため余裕をもって注文することが望ましいです。