デパス情報局

抗不安薬バスパーの効果

バスパーとは、セロトニンを作動させる抗不安薬であり、不安感、イライラ、めまいなどの症状を緩和させます。
成分のブスピロンはうつ病治療によく使われる非ベンゾジアゼピン系に分類されて、服用すると落ち着き安定した気分にします。

バスパーの効果

バスパー

バスパーは、精神安定剤の種類の中でもセロトニンの作動性を持つ抗不安薬に分類されます。うつ病などの治療によく使われる非ベンゾジアゼピン系の薬です。
主に様々な心の病(不安感や焦燥感など)を緩和する働きがあります。
有効成分のブスピロンは、脳内にある中枢神経のGABA受容体へと作用して伝達物質セロトニンを高濃度で維持します。そして、ドーパミンやアドレナリンが増強される事によって精神的に落ち着いた気分になります。
普段の生活をする上で不安に感じることが多い方や感情がうまくコントロールできない方、ストレスやプレッシャーを感じやすい方に向いている薬です。服用から薬の効果が感じられるまでに個人差はありますが、約2週間~3週間ほどの期間を要します。
また、睡眠導入効果もあるため入眠障害を持っている方や不眠症の方にも有効です。

バスパーの副作用

副作用や依存性を起こしにくい特徴がありますが、人によっては以下のような副作用を起こす場合があります。

・主に服用初期に吐き気や下痢症状を起こす事があるため、なかなか症状が治まらない場合は医師へと相談して整腸剤を処方してもらうなど対応しましょう。

・眠気を促す作用があるため、もし強い眠気が生じた場合は車の運転や機械を使用する作業は控えるようにしましょう。

・重度の症状だと気性が荒くなったり落ち込みやすくなるなど、人によって性格が豹変する場合もあります。

バスパーの服用方法

薬剤

服用初めの1週間は20mgを1日に1回服用します。成人の場合には、初めは10mg~15mgを2回~3回に分けて服用して、効き目が出るまで約2日~4日ごとに5mgずつ増量します。また、1日の服用限度量は60mgです。
不眠症の方には、就寝の約30分ぐらい前に1回の服用につき1錠~3錠を水かぬるま湯で経口服用します。
特に症状の改善が見られない場合は、朝と夜の2回に1錠ずつ増やします。飲み忘れによる服用量を増加するのは控えましょう。

バスパーの併用注意点

・アルコール類やグレープフルーツなどの柑橘類と一緒に服用する場合は、薬の効果を弱める可能性があります。

・肝臓や腎臓の機能障害を持っている方、妊娠している方、てんかんを患っている方、アレルギーを持っている方は使用できないため注意が必要です。

・薬と体の相性が良くないと感じた時は、直ちに服用を止めて必ず医師に相談して下さい。

バスパーの通販購入

PCとカート

抗不安薬バスパーはドラッグストアなどの市販では購入できません。しかし、海外から個人輸入を行っている通販サイトからは購入が可能です。
取り扱いは海外薬品ですが、薬の効果や使用方法などについては購入元の通販サイトでしっかり記載されているため安心して使用できます。購入方法に関しては、他の通販サイトと同様に商品を選んで送り先住所などを記入すれば簡単に購入できます。
商品が手元に届くまでに約1週間~2週間ほど要するため、必要となる猶予期間を考慮して注文するのがよいでしょう。
病院処方より安く購入する事が可能で、面倒な移動や手間が省ける通販サイトでの購入がオススメです。

バスパーの通販はコチラ>>