デパス情報局

抗不安薬バスパーの効果

バスパーとは、セロトニンを作動させる抗不安薬であり、不安感、イライラ、めまいなどの症状を緩和させます。成分のブスピロンはうつ病治療によく使われる非ベンゾジアゼピン系に分類されて、服用すると落ち着き安定した気分にします。

バスパー

バスパーとは、精神安定剤の種類の中でセロトニンの作動性がある抗不安薬に分類されます。不安障害(不安感やしょうそう感、めまいなど)を緩和する抗不安薬です。成分のブスピロンは、うつ病などの治療によく使われる非ベンゾジアゼピン系の薬です。脳内にある中枢神経の伝達物質の高ぶりを安定させて、ドーパミン、アドレナリンが増強されるようはたらきかけ落ち着いた気分になります。

バスパー

成分のブスピロンは、うつ病などの治療によく使われる非ベンゾジアゼピン系の薬です。脳内にある中枢神経の伝達物質の高ぶりを安定させて、ドーパミン、アドレナリンが増強されるようはたらきかけ落ち着いた気分になります。普段不安に感じることが多い方や感情がうまくコントロールできない方、ストレス・プレッシャーに弱い方に向いている薬です。成分のブスピロンは、脳内にある神経伝達物質のセロトニンに働きかけ濃度を高めます。効果が感じるまでに時間を要し2週~3週間かかります。成人の場合には、初めは10mg~15mgを2回~3回に分けて服用して、効き目が出るまで2日~4日ごと5mgずつ増量します。1日の限度量は60mgです。不眠症には、寝る30分くらい前に1回につき1錠~3錠を水かぬるま湯で経口服用します。

バスパーの服用方法は、初めの1週間は20mgを1日に1回服用します。改善が感じれない場合、朝と夜の2回に1錠ずつ増やします。依存性のないことが一番の特徴です。眠気、吐き気、下痢、味覚が変わるなどの軽度の副作用やがあり、重い場合には、性格も豹変する場合などもあります。

アルコール類やグレープフルーツといっしょに服用することは効果を弱めますので避けた方が良く、肝臓や腎臓の機能障害がある方、妊娠している方、てんかんを患っている方、アレルギーを持っている方は使用できないので注意が必要です。服用した際に眠気や集中力が低下することがあるので、自動車などの運転は控えて下さい。身体との相性が良くないと感じたときには直ちに服用を止めて医師に相談して下さい。

バスパー

バスパー

バスパーは、非ベンゾジアゼピン系に属する抗不安薬であり、セロトニン作動性抗不安薬と言われ不安感、イライラ、めまいなどの症状を緩和させます。

バスパー