デパス情報局

抗うつ剤と抗不安薬

抗うつ剤とは、うつ病の治療として用いられている薬剤です。薬剤の成分が脳の神経に直接作用する事で抑うつ状態やうつ病を患っている人に対して、脳内環境を整えて精神状態を安定させるために精神科から処方される薬剤です。抗うつ剤には、うつ病の患者や心の病を持っている人に対しての治療や改善効果がありますが、薬剤の作用機序や副作用について詳しく解説します。

薬剤

人間には様々な感情が備わっていますが、人によって性格に違いがありイライラしやすい人や落ちこみやすい人など感情の波が激しい人も多く存在しています。生まれ持った性格による影響もありますが、普段から感情をバランスよく保っている人でも慢性的なストレスや急な環境変化・心理変化によりうつ病になる可能性があります。
脳科学では、うつ病になる原因として脳内物質にある「セロトニン」(NAd)や「ノルアドレナリン」(5-HT)が不足する事によるものと考えられています。その要因としては慢性的なストレスや急な環境変化や生活習慣の変化などから影響しているとされており、うつ病を患っている人は何かしら脳内物質の神経伝達が乱れています。
抗うつ剤を服用する事で、乱れた脳内環境のバランスを整える優れた効果があります。薬剤の作用機序(薬剤が体に作用させる仕組み)としては、薬剤の成分が不足している脳内物質のセロトニンとノルアドレナリンを増加させて、減少しようとする脳内物質を最小限に抑える事により脳内環境のバランスを保ち正常にします。このように脳内環境を整える事によって、脳から精神面への伝達がスムーズになり、生きる活力や人間本来が持つ意欲や欲求といったものが生まれるようになります。
セロトニンは食欲・睡眠欲・性欲といった人間の欲求を生み出すものであり、気分や感情を上手くコントロールします。ノルアドレナリンは神経を興奮させて「意欲・緊張・不安」などの精神面を活性化させるものです。
どちらの脳内物質も増えすぎても減りすぎても精神面の変化が激しくなり、自身ではなかなか感情をコントロールするのが難しくなってしまいます。セロトニンとノルアドレナリンの物質量がバランスよく保たれる事で心身ともに満たされるようになります。
私たちは脳と精神面は全くの別物と捉えがちですが、心身を動かすために脳内環境を整えるという事は精神面も同時に整える事に繋がるため、精神面を整える効果のある抗うつ剤の存在は非常に大きいのです。

別名で「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンは、人間が感情豊かに生きるための精神面や高ぶる感情をコントロールする脳内物質であり三大神経伝達物質の1つになります。
人間が持つ感情の「喜び・快感・達成感」といったものをもたらす脳内物質のドーパミンとも深い繋がりがあります。もしドーパミンが限度を超えて溢れると常に興奮している状態になりやがて満足感や達成感を得られなくなってしまいます。このような興奮状態が慢性的になると、場合によってはギャンブル依存症やアルコール依存症に陥りやすい精神状態になってしまいます。
セロトニンには溢れようとするドーパミンの働きを落ち着かせて精神面を安定させるようコントロールする大事な働きがあります。

ノルアドレナリンは人間が持つ感情の「怒り・恐怖・不安」などの生きる上での闘争本能や注意力を働かせて、行動する意欲を高めるのに欠かせない脳内物質の1つです。セロトニンと同様で三大神経伝達物質の1つになります。
人間が生きていく中では豊かな感情が必要であり、怒りや不安は人がより良い生活を送ろうとする上でも欠かせない原動力になります。
ノルアドレナリンは人間が豊かな生活を送る上で必要な感情を生み出す大事な役割を持っています。

このように抗うつ剤は良い相互関係を与え合う脳内物質セロトニンとノルアドレナリンに働きかけて精神面を整えます。うつ病を克服するためには欠かせない大事な治療薬であり優れた効果を発揮しています。

寝てる人

うつ病の患者に対しての治療薬として用いられている抗うつ剤ですが、服用する際には注意が必要となります。
人間によって性格や体の大きさや特徴に違いがあるように、うつ病の症状も人によって違いがあります。抗うつ剤に対して効果がありうつ病の治療や改善に繋がる人もいれば、なかなか改善されずに副作用に陥る場合もあります。
抗うつ剤の服用を始めた時期は特に副作用が起こりやすいという特徴があります。
主に以下のような副作用が起こる事があります。

  • ・急な吐き気や口の中の乾き
  • ・突発的に起こる異常な眠気
  • ・不眠や睡眠障害
  • ・頭痛やめまい
  • ・ふらつきや意識障害
  • ・倦怠感や不安感
  • ・排尿障害
  • ・動悸や大量の発汗
  • ・イライラや落ち着きがない
  • ・性機能障害
薬剤

これまで開発されてきた抗うつ剤の種類には、三環系・四環系・SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)の5種類に渡って開発され進化してきました。薬によって特長があり体に対しての作用効果も違いがあります。
一例ではありますが、以下はこれまで開発された抗うつ剤の種類となりますので参考にしてください。

三環系 抗うつ剤

1950年代から使用される最も古いタイプの抗うつ剤で、精神面に影響を与える神経物質のモノアミンを増やす作用効果があります。脳の神経細胞から分泌されるモノアミンを分解しづらくして高い濃度を保つ働きがあります。

・主な薬として
トフラニール(一般名:イミプラミン)
アナフラニール(一般名:クロミプラミン)
アモキサン(一般名:アモキサピン)
スルモンチール(一般名:トリミプラミン)
プロチアデン(一般名:ドスレピン)

四環系 抗うつ剤

前身の三環系抗うつ剤は副作用が多く危険性を伴っていたため、副作用を抑えるために改良された抗うつ剤です。その半面で抗うつ剤としての効果も薄まるという改善点もあります。

・主な薬として
テトラミド(一般名:ミアンセリン)
テシプール(一般名:セチプチリン)
ルジオミール(一般名:マプロチリン)

SSRI

抗うつ剤としての効果と安全性のバランスの良さから評価や信頼が高く、治療薬の第一選択として用いられています。主に脳内物質のセロトニンを増やす効果があります。

・主な薬として
パキシル(一般名:パロキセチン)
ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)
レクサプロ(一般名:エスシタプラム)

SNRI

脳内物質のセロトニンとノルアドレナリンを増やす働きに長けている抗うつ剤です。効果と安全性が高くSSRIと同様に治療薬の第一選択として用いられる事が多いです。うつ病の症状として意欲低下や無気力が目立つタイプの治療として主に使用されています。

・主な薬として
トレドミン(一般名:ミルナシプラン)
イフェクサー(一般名:ベンラファキシン)

NaSSA

他の抗うつ剤の特長とは異なり、脳内物質のセロトニンとノルアドレナリンの分泌を促して濃度を高める作用があります。SSRIやSNRIよりも効果が高く安全性も優れていますが、作用機序が他の抗うつ剤とは異なるため人によっては効果が発揮されない場合もあります。

・主な薬として
リフレックス(一般名:ミルタザピン)

服用に関しては、飲みはじめは少量服用するようにして徐々に服用量を増やしていきます。抗うつ剤は進化するにつれて薬の効果を高めつつ、副作用を抑えるように新しく開発されてきました。しかし、新しく開発された薬剤が必ずしも良いとは限らず、うつ病の症状や人の体質によっても薬との相性があります。

頭を抱える人

うつ病の治療薬として高い支持を得ている抗うつ剤は医学的に依存性の少ない薬剤と認識されていますが、過度の服用や誤った服用によっては薬剤への依存を起こす可能性もあります。
薬は通常正しい服用期間や服用回数を守る事によって高い治療効果をもたらします。しかし、誤った服用や過度の服用によっては体が薬に対しての耐性ができてしまう事で薬の効果が薄れたり無くなってしまいます。
これによって薬の量や服用回数を増やせばよいと勘違いして乱用すると、体に重大な悪影響を与えてしまい常に薬を服用しなければならない状態になり依存してしまいます。抗うつ剤の中には睡眠作用の強い薬も存在しており、効果が高い半面で依存性も強まります。特に誤った服用や過度の服用により依存を起こしてしまう事もあるのです。
抗うつ剤の効果がなくなっていると感じた場合は自身の判断によって服用をいきなり止めるのではなく、必ず医師に相談して薬を変えてもらうなどして柔軟に対応するようにしましょう。

抗うつ剤での治療は通常少量の服用からはじめて症状を見ながら徐々に服用量を増やすのが一般的です。特徴として即効性のある薬ではなく一定期間の服用が必要となるため、自身で効果がないと判断して勝手に服用を止めないようにしましょう。
ようやく症状が改善されても薬剤の服用を誤ってしまっては逆効果になってしまい、場合によっては薬の種類を変えざるをえなくなる事もあります。うつ病が悪化しないために自身で判断しないように心がけましょう。
抗うつ剤は必要以上に服用するのではなく、決められた用法・用量を守るのが依存症への予防対策といえます。

考える人

抗うつ剤と抗不安薬は名前が似ている事から一般的に同じように捉えられますが、体に対しての作用が異なり症状の治療目的によって使い分けられます。
うつ病を患う人への治療薬として抗うつ剤と抗不安薬が用いられます。どちらも似ているように思いますが実は体に対しての作用効果は全くの別物です。体に対しての作用が異なり症状の治療目的によって使い分けられます。
抗うつ剤は脳内環境を整えて、人間本来の欲求を生み出し精神面の活性化を促す作用があります。
これに対して抗不安薬は薬の成分によって精神的な不安を解消して安定させるための薬で、不安障害やパニック障害などの治療に用いられています。また他にも頭痛や肩こり・腰の痛みに対しても改善効果を持っています。
体に対して緩やかに精神面の不安を解消して安定させる薬剤で、比較的睡眠作用や副作用が少ない事から、かつてはマイナートランキライザーと呼ばれる事もありました。
このような抗不安薬には種類があり、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の2種類に分かれています。

抗不安薬の1つであるベンゾジアゼピン系は1960年代より催眠鎮静薬などの成分として用いられる長い歴史を持っています。主に精神を安定させて不安を解消する作用があり、他にも筋肉の緊張を和らげたり体のけいれんを抑える作用もあります。薬によっての効果や即効性に違いがあり、目的に合った使用法を選ぶ事ができます。
日本国内で使用される睡眠薬の中でも一番多く含まれる成分で、直接脳にあるGABA-A受容体に働きかけて高い睡眠作用をもたらします。かつて大量服用すると死亡する危険性のあったバルビツール系とは異なり、副作用が少ないため多くの睡眠薬に含まれるようになっている安全性の高い成分です。
注意点としては、長期間による服用で体の耐性や依存性といったものが伴う事があります。特に高齢者は睡眠作用により強度の眠気や物忘れを起こす事があるため厳重な注意が必要となります。

睡眠薬によく含まれている成分で、脳の抑制系受容体に作用して不安を和らげて睡眠へと導く作用があります。
ベンゾジアゼピン系と比較して非ベンゾジアゼピン系は睡眠作用として即効性はあるものの、作用時間が短いという点があります。一定以上の効果が得られて副作用が出にくくバランスは良いですが、薬価が高くなるという特徴があります。
睡眠作用の即効性があるため服用した際には、車の運転や高所での作業は極力控えてください。また、アルコール類との併用は作用効果が大きく変動し依存度を高めてしまい体に悪影響を及ぼすため大変危険です。

このように抗不安薬は治療目的によって抗うつ剤とは異なる作用効果をもたらし、脳に直接働きかけて精神面の不安を解消して安定を促します。薬によっても効果の強さは異なりますが副作用が少ない利点があります。

医学や科学は多くの病気を改善させるべく年々進歩を続けていますが、うつ病の改善や治療に関してはまだまだ解明されていない事が多く残されています。
日本では年々増加の傾向が見られるうつ病ですが、現在は約15人に1人がうつ病に悩まされているとの事です。うつ病の予備軍に関しては約10人に1人と割合の多さに驚かされ身近にある病気だと改めて認識できます。老若男女を問わず誰しもうつ病になる危険性があるのです。
自覚症状としての発症を見極めるのが難しいうつ病は早期発見する事が重要になります。普段から身近にいる家族や友人などに、もし異常が見られた場合にはすぐに気付いてあげるよう普段から人間関係を親密にする事でうつ病の予防対策になります。