デパス情報局

抗うつ剤と抗不安薬

抗うつ剤と抗不安薬は、実は違うものだという事をご存知でしたか。大きくまとめると二つの薬共、向精神薬に分類されます。二つの薬の違いとしては、作用機序(薬が体に効果を及ぼす仕組み)が違います。

抗うつ剤はモノアミンに作用をする薬で、抗不安薬は脳内にあるGABAに作用をし不安や緊張を和らげるものです。それぞれどこが違うのか特徴を分けて説明をしていきます。

瓶の中の薬

主にうつ病などに使われる薬です。種類としては三環系抗うつ剤、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAと新しくなっていきます。うつ病とはモノアミンが少なくなっている状態により、抑うつ状態をいいます。抗うつ剤は、モノアミンを増やす働きを持っており服用することで改善させます。

モノアミンとは、三大神経伝達物質とも呼ばれセロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンという気分や精神状態に影響をします。長時間効果が持続するものが多く、服用回数は少なくすみます。しかし効果の発現時間は遅いです。また服用開始時(1週間前後)、吐き気や眠気を感じることが多く2週間ほど経過しなければ効果を実感できません。

最近の抗うつ剤は直接ターゲットにしたい脳内物質に作用するため、副作用が少なくなっている傾向があり、より安全に使用が出来ます。

塞ぎこんでいる女性

主に不安や緊張を和らげる時に使います。抗うつ剤と併用をする事もあります。ベンゾジアゼピン系のものがほとんどで、脳にあるGABA受容体に作用をします。抗不安作用はもちろんのこと筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用も同時に起こすため内科や外科などで処方をされることがあります。

即効性があり、すぐに効果が現れるため急な不安に陥っても対処が可能です。しかし眠気や健忘も誘発してしまうので、使う場所に気を付けなければなりません。不安を緩和するため、うつ自体に対しては効果がありません。また、抗うつ剤と比較すると依存性が高いため、薬の量が増えてしまうこともあります。

それぞれの違いは明確であり、作用する効果も違います。また、それぞれの薬にも数多くの薬の種類があります。間違えずに効果を把握し、自分に合った薬の服用を行ないましょう。