デパス情報局

社交不安障害とは

人間は誰しもある程度の不安感を覚えることがあります。とはいえ多くの場合は自己完結をして、それほど何かに影響を及ぼす物ではありません。しかし中にはその不安をより強く感じてしまうことも有ります。

不安を強く感じることで引き起こされてしまう症状のことを不安障害と呼び、現在ではそれほど珍しい物ではなくなっているのです。社交不安障害は、そんな不安障害の一つのことです。

頭を抱え悩む女性

例えば人前に出る時、相手が自分のことをどう思うか気になることは結構あります。時には悪い評価を受けることも有るかもしれません。しかしこの障害で悩んでいない人は、気にはなるけれど結局気にしてもしょうがないという感じで、その場を乗り越えられます。

しかし社交不安障害の人は、そういった悪い評判を受けてしまうことや、そもそも人から注目されることに対してかなり嫌だ、苦しい、辛い、という感じに思ってしまうのです。そのため、最初のうちは何とか頑張って人前に出る様にしていたとしても、次第にその状態が悪化していくと、人前に出ると思っただけで体調が悪くなってしまったりします。また人前に出ることすらできなくなり、人と接したくなくなってしまうことだってあるのです。

このように、人となかなか接することが出来ない、またそれによって日常生活に対して支障を来してしまうことを社交不安障害と呼びます。また、SADと表されるので、こちらの方を良く知っている人もいるでしょう。

横になり頭を押さえる女性

社交不安障害は、ただの恥ずかしがりやとは少々違います。そのため、それを改善するためにはまずは病院に行く必要があります。そうしてしっかりとこの状態に向き合い、精神療法や薬物療法を受けることで症状が改善してくることも結構あります。

ただ、実はこの社交性不安障害ですが、幼少期はそれ程その症状が出ることは有りません。元々恥ずかしがり屋の子はいますが、だからと言ってそれによって体調を崩してしまうなんて言うことはかなり少ないのです。しかし丁度小学校高学年から中学生の頃、いわゆる思春期に差し掛かった頃から社会人になる頃くらいまでの間に発症してしまうことが多い症状になります。

また周りから見れば単なる度を越した恥ずかしがりやと言う感じにも見えますが、実は社交不安障害であったという場合も有ります。周りの人はまずは他者と接することを無理強いしないこと、そして本人が精神的に負担や苦痛、そしてプレッシャーを感じない様に接するのが重要です。